2015年11月27日 (金)

モンスターハンター4G最終報告

Img_6461 うぢ坊課長のMH4Gの最終的なハンターランクは950となりました。

あまりオンラインしなかったわりには頑張った方だと思います。

999にしたかったんですが、

クロスの発売2週間前くらいに遂にXボタンの効きが悪くなってしまい、

間に合わせることができなかったんです。

そんなわけで、

自身のメモリーがてら画像をここに残しておくことをお許し下さい。

では。

うぢ坊課長の4Gプレイ時間は約1200時間でした。

Img_6462 Img_6470 Img_6471 Img_6472 Img_6473 Img_6474 Img_6475 Img_6476 Img_6477 Img_6478 Img_6479




| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2015年7月 2日 (木)

うぢ坊の『モンスターハンター4G』の闘技大会記録

特に自信があるわけでもないんだけども、

もう闘技場とかあんましすることもないだろうし、

自身のメモ感覚でここに載せておこうかな、と。

■ダイミョウザザミ討伐

Img_7604

■化け鮫と虎鮫討伐

Img_7605

■ガララアジャラ亜種討伐

Img_7606

■ネルスキュラ亜種討伐

Img_7607

■角竜と黒角竜討伐

Img_7608

■極限状態恐暴竜討伐

Img_7609

■ティガレックス3頭討伐

Img_7610




| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2015年3月14日 (土)

モンスターハンター4G

Img_8827

去年の1022日に狩猟解禁となったMH4Gですが、

今回も全勲章をコンプリートすべく狩りに励んで参りました。

何か今回はオンラインとかする気もせず、

ほぼ独りで狩りを続けてたのですが、

何度もくじけそうになりました。

けど、

4の時よりは早く目標を達成できて良かったです。

印象としましては4Gになってからは最大最小の金冠が比較的出やすかった気がします。

一番キツかったのはやはり『高難度:モンスターハンター』でしょうか。

5頭クエとか鬼畜です。

あと20秒というところまで追いつめられてかなり焦りました。

Img_6234a

※アドバイスとかするほどの者ではないですが、

ブラキとジンオの同時出現はけむり玉を使ってもいいですけど、

途中で見つかってもそんなにビビらないで同時打ちを狙ってけばいいかと。

けむり玉がうまいこと行った時と倒す時間はあんま変わらなかったんで、たまたまこのページ見た人がいたらそうお伝えしたいです。

そんなわけでうぢ坊課長、またしても『モンスターハンター4G』完全攻略成功!

所要時間:625時間

Img_6363

ま、これで終わりってこともなく狩りは続けてますが(w

ひとまず落ち着きました。

アマゾンのレビューとかクソゲー呼ばわりで残念ですけど、

キツいからこその達成感があるので諦めなければこんなに面白いゲームは無いので、

とりあえずでも勲章あたりを目安に頑張ってみては如何でしょうか。

では、またひと狩り行って来ます。




| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2015年1月25日 (日)

溜め3 (大剣)

Img_5926

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2014年9月 4日 (木)

ビッ狩りマン

Img_3988

10ヶ月…生活の時間を大量に投入し続け、

所要時間1417時間25にて、

全勲章を獲得することに成功した。

Img_8080 

うぢ坊課長、

遂に『モンスターハンター4挑戦クリアです!!!

(※オトモの名前が某殺人女子高生の名前にしてたのでちょっと不謹慎なので画像の一部をカットしてます。)

いやぁ~長かった。

最小金冠がかなり出難くて、

-特にシャガルマガラは400体、キリン150体、

クシャルダオラ230体が最後に狩りまくった

-

それだけでも200時間くらいは使った気がする。

4Gまでに間に合ったので、

これで気持ち善くデータ引き継ぎ出来そうです。

今回の長かった挑戦を達成した自分への御褒美に、

『ビッ狩りマン』を大量にひと箱購入。

Img_8566 Img_8569

今度はシールを全種類コンプリート!?

・・・しないゼ!!(w

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2012年5月15日 (火)

マリオバスケ3ON3

Img_2604 『マリオバスケ3ON3に挑戦した。

任天堂とスクウェアエニックスとの共同開発によるバスケットボールなのだが、

そこはやっぱりガチガチにキメて来たな、という感想。

基本操作は十字キーで移動しながら、

タッチペンでドリブルやパスをこなすというもので、慣れるまではなかなか難しかった。

けど、そこは練習モードをこなしているうちになんとか覚えれるように出来ている。

その親切さは任天堂クオリティ。

実際の試合をはじめてみるとなかなか痛快で、

単純に面白い。

ダンクが決め易くて、

3ポイントが結構難しいのもそのデキの善さって気もする。

普通のバスケと違うのは、

床にある「?」ボックスの上でドリブルするとコインが出たりする点。

集めたコインの数だけシュートを決めた時のポイントが高くなるので、

そういったゲームならではの新しい部分がある。

ディフェンスに回るとその「?」ボックスからは例の亀とか雷、バナナ、などのアイテムが出て、

相手の妨害か出来るようになっている。

その辺はマリオカートと同じだと思っていい。

ただ、ゲームの展開が早くてこのアイテムを十分に活用出来ないのが難点。

二日も遊んでたら全トーナメント終了後のスクウェアキャラの最強チームにもなんとか勝ったけど、

あのチームに勝つにはこのアイテムを遣えるようにならないと無理だと思うよ。

あと、必殺シュートもマスターしないとまず勝てないデス。

一度、上手くなったらわりとヤミツキになる一本です。

バスケゲームの傑作だ思いますよ。

スカーッとする。

うぢ坊課長、挑戦成功デス!!Img_2603



| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年11月16日 (水)

くにおくんの超熱血!サッカーリーグぷらす/ワールド・ハイパー・カップ編

Img_0067

近頃は『くにおくんの超熱血!サッカーリーグぷらす/ワールド・ハイパー・カップ編』なるゲームに夢中だった。

このアークシステムワークスって会社はくにおくんシリーズだけで生き延びて来てないか!?って感じだが、

このゲームもそこそこ及第点だからまぁ、許そう。(w

6人編成のチームでちょっとデタラメ込みの熱血サッカーで世界一を目指すってなサッカーゲームだが、

今回は天候がひど過ぎてプレイするのにわりとストレスが激しかった。

突発的に雷が落ちて来るならまだしも、

そのタイミングがやたらプレイヤーに不利な場面が多いし、

その間ほとんど全員が倒れてしまうからゲームが進行しないったらありゃしない。

あと今回イラついたのは仲間の選手が自分で操作出来ないから、

変なプレイをするので、とにかく独りでグランドを駆けずり回るしかないってのがつらい。

ひっさつシュートをファミコン時代だと入って当たり前だったのに、

今回ではキーパーがはじくのも珍しいってのも腹が立つ。

それにしても、

「ミーティング」とかでチームメイトと会話したり、アイテムをプレゼントしたり、

そんな無駄なシステムは必要なのかね?

未だにくにおくんには感情移入出来ない者からしたら面倒臭いだけで、

とにかくわずらわしい。

そんなことよりももっとやることがあるのではないだろうか?

ただ、

サッカーゲームのおかしな魔力で最後まで愉しんでしまったけどな。(w

なにはともあれ、

うぢ坊課長、またしても挑戦成功デス



| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年9月 8日 (木)

メダルオールゲット!!

『あつめて! カービィ』をクリアしてから、

捕り逃していたコインを総て集める挑戦をしていたここ数日。

なんとか挑戦成功しました。wink

Img_8640

個人的には雪だるまのくだりがものすごく悩みました。

充実のサブゲームもしょっちゅうプレイして高得点を叩きだした感じで、

遊び倒した一本となりました。sign05



| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年8月27日 (土)

あつめて! カービィ

Img_8079 最近は『あつめて! カービィ』を熱心にPLAYしていたので肩コリがハンパない。

DSも画面でかいやつ出してくれたらいいのに。

37インチくらいの。

そいで竹刀みたいなんでこすり倒す。Img_8406 bleah

冗談はこのくらいに致しまして、

この『あつめて!カービィ』は流石の任天堂クオリティ、なかなか面白い。

これまでの任天堂のアクションゲームのアイデアとかもふんだんに盛り込んでるので、

当然と言えば当然なのだが。

コインを集めるとできるようになるプチゲーム(ピンボール、シューティング、モグラ叩き等)もなかなかハマるのでヤミツキになることうけあい。

もう少しでクリア出来るので、

この肩コリともさよならさ。weep



| | コメント (1) | トラックバック (0)
|

2011年3月10日 (木)

スーパードンキーコング

Img_2682 『ゲームセンターCXBOX7を観た。

年末からかけてちびちびと観ていたのは収録時間が長かったから・・・。coldsweats01

Vol.13

『スーパーマリオ64[完全版](nintendo64/1996)はゲーム自体が色んなアングルからも観れるものなので、

テレビ映えする絵だった。

課長が上手くなったのか、わりとサクサク進むし、見応えのある内容だったと想う。

個人的にはこのゲームの海の面でやたら酔う為、途中で放り出してしまっていたので、

続きがこのDVDで観れてすごく愉しめた。

『ドアドア』(FC/1985)はクリアするというよりも隠しキャラ(ボーナス)を出すのにチャレンジするといった内容だった。

当時このゲームは好きじゃなかったので、「今回はどうだろう?もしかしたらまたやってみたくなるのでは?」とか想って観たけど、

やっぱり大して好きにもなれず、また、挑戦としても全然面白くなかった。

『夢工場ドキドキパニック』(FCディスクシステム/1987)ディスクシステムのゲームで、

当時、絶対クソゲーだろうと想いながら買ったら意外と善かったゲームなのでよく記憶していた。

挑戦も適度に難しくてハラハラするし面白かったと想う。

『悪魔城伝説』(FC/1989)悪魔城シリーズのファミコン用三作目らしいが、正直、知らなかった。2作目くらいまでしかやったことないけど、

それだけに難易度が高い事だけは判って観た。実際、まぁ、難しそうで、観ていて心配しっぱなし。で、まぁ、結果的に挑戦失敗となるのだが、

それはDVD収録するべきなのか、疑問が残った。なんせカタルシスが無いので、いつもみたいには愉しくなかった。

『バイナリィランド』(FC/1985)DVD特典映像にしてはなかなか面白かった。ゲーム自体がサクサク進んで行くのでゲームクリア的な意味での面白味は少ないんだけど、10面毎に課長の恋愛エピソードを一つ紹介するといった工夫が凝らされていたのが善い。クリアしてんのに罰ゲーム!?みたいな矛盾を感じつつも純粋に愉しかった。歴代ADも登場して意外にも盛り上がった気がする。

『たまに行くならこんなゲームセンター』毎度御馴染のたまゲーも6回分が収録されていた。死闘を観た後にほっこり癒される雰囲気が善い。

Vol.14

『スーパードンキーコング』(SFC/1994)

スーパーファミコンのこの時期のソフトはあまり知らないのだが、このゲームはちょっとやってみたくなるタイプだった。課長もおっしゃる通り完成度が高くて、観ていてとても愉しいのだ。樽の大砲とかアイデアもなかなか。流石、任天堂だ。ラスボスの対決も番組的にもめっちゃ面白かった。

『ロックマン3Dr.ワイリーの最期!?(FC/1990)

ロックマンシリーズは毎回見応えがあるので気合いを入れて観た。今回も死闘を繰り広げてなかなか盛り上がった。このゲームは最後までやり切るのってホントしんどいと想うので自分はやりたくないけど・・・。

『バトルゴルファー唯』(メガドライブ/1997)

これは初めて聴いたゲームで愉しみに観たけど、ゲーム自体はクダラネェー感じがした。アドベンチャー形式でゴルフ対決をして物語が進んで行くのだが、薄っぺらくてまさにB級。ゴルフ部分も結構、創りが荒っぽい気がした。関係無いけどPCエンジンのナムコのテニスゲームでおまけで収録されていたRPGを憶い出したよ。オチが変にダークなのもB級っぽかったな。

今回のDVDではvol.134:3のスタンダードサイズで収録されてあるのに対し、vol.1416:9で収録されていた。

セット販売の商品にしてはおかしな気がするが、まぁ、テレビ番組なので事情があるのだろう。

あとは、正直、Vol.13観た時はもう要らないDVDだと感じたけど、vol.14でだいぶ盛り返した気がします。

また次作も買っちゃうかな、って感じwink



| | コメント (0) | トラックバック (1)
|