« 2016年12月 | トップページ | 2017年2月 »

2017年1月31日 (火)

焼きたてスフレチーズケーキ事件

Img_2905

ランパス隊は今回より、遂に『スイーツパスポート(神戸市全域版)』に手を出すことに致しました。

記念すべき第一回目として選んだのは、
『デザートアイランド さんプラザ店』(三宮1)です。

ブログとかする以前には結構毎回違う女性と度々訪れたものですが、
何となく当ブログの歴史に登場しなかった不思議なお店で御座います。

ケーキセットは、
今回「焼きたてスフレチーズケーキ」と冷やしコーヒーを注文してたのですが、
オーブンが故障したとかで、結果、苺のショートケーキという定番に落ち着きました。Img_4930

クリームがやや控えめで、イチゴの味が前面に出た美味しいケーキで、
超満足で、チーズケーキはまた次回にでも試せばいいや、って感じでおったのですが、
なんと、会計を済ませる時にビックリしたことに今回は「無料」ということになっていた。

ケーキの種類が変わっただけで、満足度は充分に満たされていたし、
なんならもう忘れかけていたくらいなのに、まさか無料とは…。

あまりの丁寧さに逆に恐縮してしまったわぃ。

素晴らしき接客に感動したSWEETな一日でした。

Img_2903

ウヂュラン評価:★★★

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2017年1月30日 (月)

神戸産直マルシェ

Img_2875

ランパスも追い込みに入って来て、
まだ行けていないお店で気になっているところを厳選する時期に入ってまいりました。

そんなわけで今回のランパス隊が向かったのは、
『産地とお客様をつなぐ 神戸産直マルシェ』さんです。(神戸市中央区北長狭通1)

一流ホテルのシェフが手掛けるフレンチベースのお料理が売りのお店ですが、
価格もリーズナブルで我々若者も入り易かったりします。

酉年ということもあってか、
メニューは『若鶏のクリーム煮込み』。Img_4927

エストラゴンを隠し味としたクリームソースにトロリと柔らかいチキンが見事に調和していて、
バターライスと共に非常に満足度の高いお料理でした。

それにしても、
店の外までお見送りしてくれるなど、
丁寧で親切なお店で感心しました。

なかなかお気に入りの一店かも。

喫煙:可

ウヂュラン評価:★★




| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2017年1月29日 (日)

貝殻のひとりごと

Img_2914



ドナルド・トランプが選挙に勝利してからというもの、
スーパートランプ『クライム・オブ・センチュリー』なんぞを聴いている。

ケン・スコットを起用した3枚目のアルバムだ。

74年の3rdアルバムなんですが、
'70年代のプログレの凄さをつくづく感じる1枚です。

プログレの曲は長くて暗いムードの印象が強いかと思いますが、
なんかこのアルバムは妙にポップな仕上がりになっているので、
そういう人にはいい感じに入れるかもです。

歌詞にしても、
なんか青春めいた事を歌っているのが逆に不思議なくらい。




| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2017年1月28日 (土)

アレグロ・マ・ノン・トロッポ

Harn


ヒラリー・クリントンが選挙に負けてからというもの、
ヒラリー・ハーン(HILARY HAHN)のアルバム『ベートーヴェン:ヴァイオリン協奏曲/バッハ:無伴奏ヴァイオリン・ソナタ第3番』ばかり聴いている。

ベートーヴェンの『ヴァイオリン協奏曲ニ長調作品61』(デイヴィッド・ジンマン指揮ボルティモア交響楽団)は彼の唯一作なので、結構他の演奏と比較しがちなんだけど、
若いヒラリー・ハーンのこの演奏もなかなか秀逸なので週一で聴いてもいいくらいだ。
非常に軽やかで艶がある。
特に第1楽章のカデンツアは充分に聴かせてくれる。

バッハの『無伴奏ヴァイオリンのためのソナタ第3番ハ長調BWV1005』は、バッハ最大と噂の第2楽章の長大なフーガが聴きどころです。

冬の朝にオススメの一枚です。



| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2017年1月27日 (金)

クパフカ

Asa



アシャ『ライヴ・イン・パリ』を聴く。

ナイジェリアのソウル・シンガーのアシャ(ASA)のセカンドアルバムになる。

基本的にライヴ・アルバムはあまり好んで聴かないけど、
本当にうまい人のものはむしろライヴ盤-アコースティックん感じだと尚ヨシ-で、
その歌声の真価を見たりすることも多い。

アシャもそんな感じで、こちらのアルバムでの引き語りはなかなか聴ける。

(黒人の女性で眼鏡をかけたアーティストは案外初めてかも知れない)インテリジェンスなルックスを持ち、
ソウルからレゲエ、フォーク、ヨルダなど、多様性のある音楽を奏でる姿も愛らしい。

なにより歌の上手さが切実で胸に響く。

キザイア・ジョーンズとの共演も素晴らしいが、
付属のdvdではヤエル・ナイムマイラ・アンドラーデと同時に共演しており、
超貴重な映像となっている。

とんでもなく素晴らしい瞬間で鳥肌が立った。

今年は酉年だからな。




| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2017年1月23日 (月)

サンラーたん

Img_2799

寒く凍えそうな冬将軍のモナリザ将軍は、
神戸は北野にある『吉家』さん(山本通2)へランパス隊を派遣。

吉家さんの冬のオススメとして定番の「手打ち酸辣湯うどん」鮭のおにぎりをプラスして注文。Img_4879

ほぼ2年ぶりになる手打ち酸辣湯うどんは、
あんかけのせいか超アツアツで、外の雪も気にならないくらいHOTになった。

手打ち酸辣湯うどんはきのこ満載で、椎茸・マイタケ・エノキタケ・しめじの4種が具たっぷりで、
最後の最後まで満足のおうどんだった。

おにぎりもめちゃ美味しくて、ランパス時に追加注文は禁じ手とする我らがランパス隊も、
吉家さんは特別なので、次回も何かは注文しようと思います。

次回のランパスメニューも期待しておりマス!!

ウヂュラン評価:★★★Img_2814


| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2017年1月19日 (木)

あなたのママになるために

919zeghwxxl__sl1500_


ペネロペ・クルス(ペネロペ・クルーズ)主演の映画あなたのママになるために(2015年/スペイン・フランス合作)を観た。

普段ならば、暴力描写と性描写あふるる映画しか興味がわかないのだが、
小林麻央さんと市川海老蔵さんのことが気の毒なのがずっとkokoroに残ってたからか、
乳がん患者を題材にしたこの作品に目が留まった。

スペインのマドリードに住む主人公の女性マグダが、
ふと胸に違和感を感じて病院へ行ったところ、
乳がんと診断され右胸を切除することになる。

彼女にはひとり息子ダニの存在があり、
試合を観戦しに訪れたサッカー場で、
アルトゥーロという妻と娘を亡くした男性と出会い、互いに惹かれあっていくようになる。

//////////////////////ここからネタバレ含/////////////////////////////////////////////

術後も順調で3人の幸せが続いていた矢先、突然乳がんが再発する。
がんが転移してしまっていて余命半年。

そして、時を同じくして、アルトゥーロとの子供を授かっていることがわかるのだった…。

闘病ものなのは判っていたので、ある程度の覚悟はしておりましたけど、
なかなか切なく、また、いのちについて非常に深く考えさせられる作品でした。

特にネタバレとなった部分(↑)が、マグダが幸せであればあるほど哀しみが画面に充満するようで、
観ていられないくらいの気持ちになりました。

お腹に子どもができたのに余命は半年、、
どう考えても計算が合わないではないか。

この作品の胆はこの設定にあったのだと思います。

このある種の究極の状況下での女性の、人間の、生命とその美しさを映し出す脚本と映像、
その総てが美しく、尊かった。

エンディングについてはふれませんが、
良質のとても心に残る一作でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2017年1月17日 (火)

my lady story

Img_8461


あまりの寒さに人生を諦めかけそうになったので、
アントニー・アンド・ザ・ジョンソンズ『アイ・アム・ア・バード・ナウ』を聴いた。

故ルー・リードに見いだされた才能-、
中性的なアントニー・ヘガティ歌声は唯一無二のものだろう。

簡単に美しい音楽と言い切ってしまうのは避けたいところけれど、
美しさを強調せずにいられないクラシカルで繊細な音楽となっております。

三ツ矢雄二氏もカミングアウトされたことですし、
こういったゲイ・カルチャーを今年は推していこうかな、と思います(w

去年くらいに発進した新プロジェクト・アノーニの方も素晴らしかったですけど、
一歩下がったこれくらいの位置から聴いていくのもひねくれてて乙かと思います。

是非、御一聴下さい。




| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2017年1月16日 (月)

トロトロオムカリー

Img_2715



土曜日に久々に神戸にも雪が積り、(マジで「春巻きテレビ」撮影時以来かも)、
この日もちらほら雪が降り始めていたくらい寒くなって来ました。

手がかじかみ、足の裏は冷たく、鼻は垂れ、
目は白目になり、意識が朦朧とした頃、
高架下にある「いずみカリー神戸元町店」へランパス隊は山小屋にたどり着いた冬山登山隊のように、
一時の避難と立て直しを求めて入り込みました。

今回のメニューは「トロトロオムカリー」です。Img_4848

寒さで疲れていたのでトロトロ食べましたけど、とても美味しかったです。

甘みのあるカレーですが、スパイスが結構効いてて、ピリッといい感じでした。

店員さんも親切だし、大満足です。

ウヂュラン評価:★★Img_2738


| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2017年1月11日 (水)

ウォール・マリア奪還作戦

Img_2641



巷では『進撃の巨人』の元編集者だかが殺人を犯したのではないか、などといった事件が話題になっておりますが、
時を同じくして、偶然にも私は5~6冊ほどためていた『進撃の巨人』を読み進めておりました。

『進撃の巨人』は2巻をピークに興味が下がり気味だったのと、
途中から話しが込み入って来て細かな内容を忘れてしまう傾向にあったため、
ある程度ためてからまとめて読み進みたいなどと思ってまして、
正月休みを機にちょっとずつ読んでました。

けど、18巻あたりから現在の最新21巻までは本当に素晴らしく面白くて、
ノンストップで読んでしまいましたね。

「ウォール・マリア奪還作戦」という、物語開始時に主人公が住んでいた地区を取り戻すための人類と巨人との生き残りを賭けた戦い、みたいな場面なのですが、
映画でいえば大メイン・クライマックスみたいな物凄い展開で、
手に汗握るバトルにクギズケでした。

この作品はここまで読んでナンボだなぁ、としみじみ思いました。

これまでいろいろ思うところもありましたけど、
いや、面白いですよ、この漫画。

今回の領土奪還シーンといい、
人類の失われた記憶といい、
民族浄化云々のくだりといい、、、
ヒットしたのにはさまざまな要素で現代の我々の感じる閉塞感が要因となっている、みたいなことを初期にこのブログだったかツイッターでも言ったことが、
未だに読んでて感じれたし、
見事にそれを高揚感に変えてくれていることにひたすら関心しました。

今、エレンたちは人類の歴史に触れ、
今後どのような展開を見せるのか、
ちょっと先の読めない感じになって来たし、
これからも愉しみです。

以上、中間報告になります。




| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2017年1月 9日 (月)

ミートスパゲティ焼きチーズ

Img_2615_2



今回のランパス隊は「お一人様用スパゲティ専門店 ちゃっぷまん」(下山手2)へ二度目の訪問となりました。

前回のオムナポが美味しかったので、是非もう一度行きたかったところです。

今回のミートスパゲティ焼きチーズもなかなか美味しかったです。Img_4810_2

焼うどん的なB級さもありつつ、
ちょっとおしゃれ感もあって、
更に満腹感、と三拍子そろって大満足。

中学生の頃ならメガサイズでもいけそうな感じでした。

男女共にオススメの一店です。

ウヂュラン評価:★★




| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2017年1月 8日 (日)

私たちに平安を与えて下さい

Img_2285



去年の年末には恒例となりました『KOBEルミナリエ2016』のサントラを購入。

今年で18枚目?くらいになります。(多分)

今回は2016年9月にローマ法王へ献呈となった「ミサ・ブレヴィス~平安への祈り~」が特別収録されるなどして、
前回の明るいイメージのサントラと較べて重厚感がありました。

ほかに点灯・消灯時用の曲とオルガンのソロ曲も収録されており、
非常に完成度が高い一枚となっておりました。

最後には「グロリア」のルミナリエ・バージョンで盛大に締めくくられます。

ところで、
去年のルミナリエ開催期間は12月2~11日の10日間と、年々短くなりつつあり、
別の10人の女性と毎日ルミナリエに行かないと辻褄が合わないので、
大変でした。

もう少し期間があればそれはそれで20人の女性と行かないとならなくはなりますが、
開催期間は長めにはして欲しいところですね。

僕がモテ過ぎるのが悪いのかも…ですけど(w

今年こそは心に平安が欲しいです。。。coldsweats01

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2017年1月 7日 (土)

アダムとイブ

Img_2591


2016年、とんでもなく面白い漫画が誕生した。

『アダムとイブ(全2巻)』(池上遼一・画/山本英夫・作)がそれである。

とあるヤクザ共の秘密の会合が開かれる。
そこに現れた謎の透明人間の男女二人。

第一話からしてそんな出だしで、
それ以降、その密室での理由も判らないまま透明人間とヤクザが戦いを繰り広げる。(※全体の8割くらいこりバトルシーン)

6人のヤクザは味覚・視覚・嗅覚・触覚・聴覚・霊感に特化しており、
それぞれの得意分野からのアプローチで透明人間の居場所を探り当てては殺されていく。

…最後に残るのは、誰なのか?!

タランティーノ作品のような密室劇とSFを掛け合わせたようなサスペンスが繰り広げられる。

無駄に長くなく、2巻で完結していて読み易いし、
何よりこのオチは一読の価値アリかな、と。

残酷な描写はあるけれど、
クライマックスまで途切れることない緊張感、スリルを是非、皆様の五感で味わって戴きたい作品です。

マジで隠れた名作です。bleah




| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2017年1月 6日 (金)

Matthew&Chris.P

Img_2529

『マシューアンドクリスピー』のチーズストロベリー・カーニバルやらミスター・チョコミントなどを食べたりした。

最近の若いファンからのお歳暮はこういう可愛らしいお菓子が多い傾向にあるようで、
年中バレンタインになったかのような錯覚に陥る。

とにかく年末年始はお菓子が部屋に山になるので消化するのに大変だ。

来年からはみんな、そうめんとかでもいいよ(w

けど、いつもありがとう。wink

今年もがんばるお。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2017年1月 5日 (木)

超展開バレエマンガ・谷ゆき子の世界

Img_1964

図書の家(編)より出版されました『超展開バレエマンガ・谷ゆき子の世界』(立東舎)を読んだ。

1950年代末から1970年代に学年誌などで活躍した谷ゆき子さんの作品は、
今の50代の少女たちの記憶に克明に残っている筈です。

メルヘンチックで可愛らしい絵柄で、
少女のハートにどストライクなのに、
今の感覚でなくとも当時すでに不条理だった設定が、
子ども心に不協和音を感じていたに違いありません。

谷ゆき子さんの活動時期その当時はかなり幼かった男の私ですが、
彼女の描く絵の煌びやかさに何かしら魅かれるものを感じていました。

そんな谷ゆき子の作品が今読めると思い、
この本を躊躇なく購入したのですが、
-初めにおことわりしておきますが、-
この本の中では、
漫画そのものは『バレエ星』が2話掲載分だけ掲載されているだけで、
あとは編集者などの関係者のインタヴューや谷ゆき子さんの活動年表、
表紙扉絵数点が掲載されているいわゆるムック本的な書籍でした。

多少がっかりしたものの、
2話だけとはいえ、あの当時の急展開する勢いなどを感じることが出来て、
大変に面白かったです。

本書によると、
何やら谷ゆき子作品は単行本化されたことがないらしく、
復刻するには非常にコストと時間がかかるとのことです。

もしかしたらこの本の反響次第では初の単行本化が実現するかも知れないので、
是非とも皆さんにも手に取って戴きたいと思い、
御紹介してみました。

一冊の値段が高くてもいいからフルで読めたらいいなぁ~と思います。

いっそクラウドファンディングで資金を集めるとかどうなんでしょうかね?

どうにかして実現して欲しいところです。

その時まで、
この本で、
谷ゆき子先生の最高にカワイイ、カルトな漫画、
その魅力をたっぷり味わって下さいませませ。wink



| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2017年1月 4日 (水)

放送禁止~ワケあり人情食堂~

正月(1/2)の深夜から『放送禁止~ワケあり人情食堂~』が放送されたらしいが、
関西はたぶん放送してなかったかと。

DVD化まで待つのもなんだし、
仕方ないのでフジテレビオンデマンドで観たわけだが、
今回も結構面白かったと思います。

今回より有田哲平氏がタモリ氏が如くストーリーテラーとして登場し、
これはおそらく賛否別れるところだと思いますけど、
個人的には初めは抵抗ありましたけど、
後から考えると、なんかテレビでよくみるタレントさんが司会っぽくやってくれるとよりリアリティが増す気がしました。

なんとなくまた放送やりそうな含みをもった発言もあったし、
有田氏の起用によって新作が作られていくのだとしたら、大いに受けれたいと思います。

////////////////////以下ネタバレ///////////////////////////////////////////

お客の悩み相談を無料でやりながら食堂を切り盛りする人情女将を取材しつつ、
外国人労働者の問題なんかをも取り上げていくドキュメンタリー、、を装いつつ(w、
強盗にあったアジアの大富豪の家族と優秀な部下3人による犯人の暗殺という真実のストーリーが描かれてあるという、
1時間ちょいにしては見どころのある適度な謎解きモキュメンタリーとしての出来は手慣れたもので、よくできてた。

丁度いい感じで厭な気分になりました。(w

今回もわかり易かったのですが、
謎解きポイントを記憶ししてる分だけ記載しておきますね。

・メニューの配置が何度か変わっていて、上一列の読みがメッセージになっていた。

「標的はグエン親の仇」
「偶然を装って暗殺せよ」など。Img_2577

・グエンは常に過去にトラック突っ込んだ席に座らされている。

・「答々食堂」の答々の意味→ 答が2つ=「Answer Two」=「アンサー・ツー」=「暗殺」を意味している。

・食堂の店主3人が部下で、バイトの子が大富豪の娘。店主3人は入れ替わりながら、暗殺に使えそうな客の行動を監視している。
※トラックの運転手のゲイの告白現場にいたりとか、ときどき映り込んでいた。

・女将がグエンにゲイ男の厭がるセリフを教え込んでいたのち、酒乱なのを知って、バイトの娘が酒を飲ませて殺害を仕向けた。
その後、メニューの配置が「目的は達成した」となっていたので、グエン狙いだったことが確定。Img_2575

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

まぁ、僕にしか気づかなかった!みたいなネタは無いと思いますけど、
DVD出てからもう一度観るときのためにメモがてら此処に書いておきます。(w



| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2017年1月 3日 (火)

カフェ ヒュッグリー

Img_7853

お正月は福袋を10袋くらいかかえて歩き過ぎるので、
去年同様今年も元町ケーキの本店のすぐそばにある『cafe hyggelig』へ行きました。

プレーンワッフルとアイスコーヒーとチョコバナナパフェを食べた。Img_4788


Img_2563

満席で混んでたのでお時間かかったけど、
それに見合う美味しさで大満足だったです。

普段もたまには行こうかな(w

ウヂュラン評価:★★★

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2017年1月 2日 (月)

とうがらしらしい。

Img_0793



今年一発目のランパス探検隊は、
毎度おなじみの「真っ赤ならーめん とまこ 三宮センタープラザ店」へ。

お正月はランパス探検隊にとって、
使用不可なお店がほとんどになるので、とまこさんのようなお店は大変有り難い。Img_4784

今回のとうがらしらーめんは前々回あたりに御紹介したメニューになりますが、
相変わらず美味しいし、
身体が芯から温まるのでほっこりした。Img_2545※きちがいではありません。

ウヂュラン評価:★★

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2017年1月 1日 (日)

謹賀新年2017

Img_4766

謹賀新年

あけましておめでとうございます。

お世辞にも美味しそうとは言えそうもないおせち料理を食べながらブログってます。

今年も夜露死苦お願いします!!

2017年 元旦 モナリザ将軍・代表取締役 うぢ坊

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2016年12月 | トップページ | 2017年2月 »