2017年10月17日 (火)

クラシックショコラケーキ[デザートアイランドさんプラザ店]

Img_7046


スイパス探検隊は『デザートアイランドさんプラザ店』さんで、
ケーキセットを頂戴しました。

場所柄がいいのか、なんだかんだで昔から何度も来ているので、
当ぐるめぶろぐが始まってからも度々お世話になっております。

今回のケーキは、クラシックショコラImg_6436

昨日から妙に甘いものが食べたい欲求が強かったので、
ドンと甘いこのケーキが気分にピッタシでした。

また行こうと思います。

ウヂュラン評価:★★Img_7042





| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2017年10月16日 (月)

カプリチョーザ ピッツァ&ビュッフェ 三宮OPA2店2

Img_7008



先週はお休みでしたランパス探検隊ですが、
その使命は忘れておりませんで、
今回は以前も訪れました『カプリチョーザ ピッツァ&ビュッフェ 三宮OPA2店』さんへと。

ツナパスタ以外のサラダバー、ドリンクバー、スープバーは本当に最高でして、
大満足のビュッフェランティとなりました。deliciousImg_6437

全部美味しいけど、特にきゅうりさんとかマカロニさんが気に入ってゆお。

ウヂュラン評価:★★★

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2017年10月15日 (日)

ポーの一族 春の夢

Img_3655

萩尾望都大先生の不朽の名作『ポーの一族』の続編が40年ぶりに刊行されました。

コミックスにまとめられて発売されたのは7月半ばで、
勿論、すぐに購入しておりましたが、
お察しの通り、それからズルズルと少しずつ読んで、やっとこさここで御紹介することになりました。(w

『ポーの一族 春の夢』

初めて前作を読んでからでも20年~30年くらい経っていて、
もう内容なんて完全に忘れてしまっていてもおかしくないのですが、
それこそ昔話や童話くらいのレベルで記憶に残っている『ポーの一族』は、
本当にそれくらいの名作だったのだな、とあらためて思います。

そんな大名作の続編を40年も経て描くなんてことが本当に可能なのだろうか?

本当は読みたくなかったけど、萩尾望都大先生を信じて、読むことを決意しました。

まずはもうゾンビなんか古い、これからは吸血鬼だ、とホラーマニアたちが思っていた時期だったので、
このタイミングで出して来たところは編集者の時代を読む嗅覚が鋭かったのだと褒めたいところです。

さて、
今回は、第二次世界大戦の時代、イギリスの郊外に疎開して来たブランカというユダヤ人少女と兄弟一家を主軸にして、
エドガーとの交流を描いています。
その生と死の入り混じった時代設定を持って来るだけでも流石なのですが、
戦争の悲劇なども描きながら、ポーの一族とその同族の存在など、壮大なスケール感をこの一冊にまとめあげた手腕は見事としか言えません。

個人的にはファルカが空間を移動するくだりはリアル路線を推したい身からするとやり過ぎていて気になりましたけど、
エドガーたちの神秘性は保持されておりましたので、目を瞑ります(w

このようなドラマティックで、スケールの大きな物語の続編を読めたことに感謝します。

それこそ萩尾望都などほとんど歴史上の作家くらいのイメージですが、
これほどの作品が描けるほど未だに現役バリバリなのは、
もしかしたら…彼女はポーの一族なのかも知れません…。

ファンならずとも一読の価値のある一冊でした。

絶品です。





| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2017年10月10日 (火)

パンケーキベリーベリー

Img_6899


食慾の秋なのか小腹が減りましたので、ふらりと、
ホテルクラウンパレスの『HARBOR CAFÉ ALL DAY DINING』へと久しぶりに行ってみました。

前回は喫煙席があったのですが、
今回より全席禁煙となっておりました。

今回はパンケーキベリーベリーを注文。Img_6389

ラズベリーとブルーベリーとなんとかベリーが添えられており、
ベリーベリー美味しかったです。

やっぱり満足度の高いサービスでゆっくりとくつろげました。

ウヂュラン評価:★★★

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2017年10月 9日 (月)

㐂久好(きくよし)

 

体育の日だったので、
運動がてらイオンモール神戸南店へ。Img_6835

前回気になっていた北海道帯広で有名な老舗のお食事処『㐂久好(きくよし)』 さんで、
十勝豚丼の黒ダレの並盛りをば戴きました。Img_6387

鰻のタレっぽくてめちゃ美味しい豚丼だったどん。deliciousImg_6845

そんなこんなで
Let'sハロパな休日でしたが、
14:00からきゃりーぱみゅぱみゅ氏のトークショーが行われるらしく物凄い人だかりで、
更には13:30くらいからエスカレーターが停止されたりとかして各階の移動が困難になってしまい、まさにCRAZY PARTY NIGHT状態世界の終わりのような有様で、
大変でした。Img_6870

きゃりーぱみゅぱみゅ氏に全く興味がなかったですが、
登場するときにたまたま数メートル先に歩くKPP氏を御見掛けしました。

興味がなったので、エレベーターで2階に行ってみたり3階に行ってみたりしましたが、
興味がなかったせいか、その後は全く姿を観ることが出来ず仕舞いでした。

移動し過ぎて、豚丼分は痩せたと思います。

ウヂュラン評価:★★

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2017年10月 8日 (日)

デリカシー体操

Img_6828


ヨシタケシンスケ氏の『デリカシー体操』(グラフィック社)を買ったのは1年前くらいなんですけど、
御紹介するのは今、というくらい自分内レヴューが溜まってるわけなんですけど…、
「あるかしら書店」をはじめとして絵本の方も最近沢山出してらっしゃるので、
そろそろ無理してでも御紹介しておかないと時代に乗り遅れるかな、と。

こちらの本はヨシタケシンスケ氏の可愛くてちょっと癒されるようなイラストがページにまばらに並べられたものなんですが、
観る角度によってはすごく詩的だったりもする、ちょっと味わいの深い一冊で、
読み進むのにとても時間がかかります。

読み飛ばして行くとあっという間に読めてしまうかもですが、
個人的にはすぐ立ち止まっては何度もその小さなイラストを眺めてしまうので、
相当時間のかかる一冊でした。

日常のささいな出来事とかを真空パックにしたような、
とても心を癒すイラストの数々。。。

ノスタルジックなあるあるネタ満載なので、
結構、普遍的だと思います。

最近気づいたのですが、
これはまさに現代の「北斎漫画」なんだと思います。

北斎が未だに評価を受けるように、
きっとこの作品も遠い未来にも評価されている気がします。




| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2017年10月 5日 (木)

血の轍

Img_6793



押見修造氏の新作『血の轍』第1集を読んだ。

『ぼくは麻理のなか』を絶賛したすぐ後に終了し、
いつもあと一歩欲しいところで完結してしまう惜しい作品が多いので、
今回もなんか不安ではありますが、
なかなか今回も期待させられる内容でした。

中学生の男子が主人公で、
過保護気味の母親との関係性を今回は選んだようです。

すぐに読めてしまうのでそれ以上書くとネタバレになるので難しいのですが、
そこに親戚やら学校での恋話なんかもいろいろ混ぜて、
思春期の少年の揺れを描く模様です。

まぁ、内容は読んでもらうとして、
この物語の展開のゆったりとした時間の流れがなんともこの時代には珍しい気がしたので、
今回御紹介しました。

ガチャガチャバタバタ展開する漫画が多い中、
こういう落ち着いた作品は貴重だと思います。

勿論、事件的なものが起こるんだけど、
日常の風景が活きているからこその盛り上がりをみせるんだろうなぁ。

やっぱりいま目が離せない作家さんですね。




| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2017年10月 3日 (火)

カレーパスタセット[カフェ・ド・ラパン(荻原珈琲)]

元ブラしてたら、
cafe hyggelig跡地の『ヨセアツメ』さんが完全閉店し、あたかもガラクタになっててちょっとがっくりしてしまい、
されど気持ちを強く持たねばと、
ランパスウォークにブレインを切り替えてumieまで、カルメニの『カフェ・ド・ラパン(荻原珈琲)』へとボロボロになって辿り着きました。Img_6331

今回は『カレーパスタセット』で、
カレー続きになりますが、
腹ペコ青蟲だったので一気に平らげました。Img_6353

家庭的な焼きそばで、かつパスタっぽい感じで美味しかったです。

その後、何度も等ぶろぐに登場していた高速神戸駅構内のラピッド(cafe Station Rapid)』さんまで閉店(9/30)しているを知り、
衝撃的な一日となりました。cryingImg_6350

ウヂュラン評価:★★


| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2017年10月 2日 (月)

Curry Kitchen GASA

Img_6319


ランパス探検隊と共に巡る今週のランパスウォークは、
『Curry Kitchen GASA(ガサ)』さん(三宮3)です。

かなり以前からランパスに掲載されていてずっと気になってたお店なのですが、
なんだかんだで機会を逃しておりまして、
嬉し恥ずかしながら今回が初の訪問となります。

メニューは『季節の薬膳カレー(ダイエット玄米)』で、
ランパス&スイーツ探検隊の活動が活性化するに連れ、肥え気味になっていたので助かります。Img_6352

今回のお野菜は玉葱さんのようでした。

スパイスが抜群に効いた凄く辛いカレーでしたけど、
良い辛さで、気が引き締まりました。Img_6354

本当にこれはなかなか美味しいカレーで、ファンになりそうです。

ただ、男子高校生的には量がもう少し欲しかった気がしますが、
実はお水でたぷたぷになるので、これくらいでも良いのかも知れませんね。

ウヂュラン評価:★★




| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2017年10月 1日 (日)

団地ともお

団地妻かーーーーーーーーーッ!!!!!Img_6325





| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2017年9月29日 (金)

カンナさーん![TBSドラマ]

81jhgrsucl__sl1500_



ちょっと人気が出たらそこそこのタイミングでアニメ化して、
そこそこヒットしたら実写化、映画化なんかされていく漫画原作の消耗のされ方が昨今の主流となっておりまして、
完全にその流れが固定化されてしまってからというもの、
もうアニメ化や実写化なんて嬉しくもなんともないのですが、
この『カンナさーん!』は少し勝手が違うドラマでしたので、毎週観させて戴きました。

そもそも25年以上前から、
原作者の深谷かほるさんの作品には感銘を受け続けておりまして、
実際に当ぶろぐにおいても、数年前にこの『カンナさーん!』には触れていました。

http://lovesexy.cocolog-nifty.com/monariza/2010/05/post-c4ba.html

それから年月が過ぎ、
全く売れない漫画家のまま、深谷かほるさんが自力でネットにアップした『夜廻り猫』が地道な更新の結果、
人気を博しまして、
出版社の戦略もあってとは思いますが、
今回のドラマ化、他の過去作品の復刊が相次ぐこととなりました。

そんな現在、カンナさんの役柄にピッタリでありつつ、視聴率的にも期待できる渡辺直美さんが安定感のあるブレイク中で、
見事に主役を射止めました。

この大きな時代の枠組の中で、
数々の偶然が見事に結晶化したドラマがこの『カンナさーん!』なのです。

少しでも時期がズレていたら、このような元気で明るい作品には仕上がらなかったのではないかと思います。

ついでに言えば、テーマ曲が「ララランド」っぽいノリなのもいい偶然の巡り合わせではないかとすら思います。

物語は、小さな息子を持つデザイナーであるカンナさんが、
旦那と離婚するところから始まります。

それから毎回いろんなドタバタがあって、
再婚するやらしないやら、
新たなパートナーが現れたりとかして、
そんな中でカンナさんの持ち前の明るさとパワーで乗り切っていく、
みたいな展開になるのですが、
正直、原作とはだいぶかけ離れた作品ではありました。

けど、それこそ不倫問題が連日報道される今のこの時代の雰囲気を、
ものの見事に吸収しながら、
全10話を描き切ったという感じで、
とても好感が持てましたし、
実際にかなり愉しませてもらいました。

姑役の斉藤由貴さんが不倫報道されてしまったのは現実とリンクし過ぎでしたが…(w

たぶん、数年後に観てもこの作品は面白いと思います。
それくらい評価できる秀作です。

p.s.意外と渡辺直美さんが演技力が高いのにも驚きました。



| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2017年9月28日 (木)

アイフォンにしました!!

Iphone_2

しもしもー?!

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2017年9月26日 (火)

ホットドッグセット[モッキングバード]

Img_6715

彷徨い歩く人生に疲れた今日は、
サンパル1Fにありますお気にの喫茶店『cafe restaurant モッキングバード』で羽を休めるため行って参りました。

今回はホットドックセットを注文したのですが、
マスタードが効いててめちゃ美味しかったです。Img_6286

ゆっくり出来るし喫煙できるし、
今や心のオアシスです。

あ、近くに阪急オスシスがあります。

あと、ついでにパフェも食べました。Img_6287

ウヂュラン評価:★★★


| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2017年9月25日 (月)

イタリア産ホエー豚の角煮定食

Img_6696

今週のランパスウォークは『ランチ&海鮮居酒屋 向日葵』(元町2)へ。

メニューは「イタリア産ホエー豚の角煮定食」でした。Img_6288

トマトソースでじっくり煮込まれたホエー豚はトロリと柔らかくて、
めちゃんこ美味しかったです。

アツアツな鉄板なので初めから最後までアツアツなのも良かったです。

満腹でモヘー豚になりました。coldsweats01

ウヂュラン評価:★★



| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2017年9月24日 (日)

悪魔を憐れむ歌

Img_6653

梶本レイカ『悪魔を憐れむ歌』第1巻を読んだ。

最近、1巻くらいではどう転ぶか判らないので、
オススメ行動は控え気味にしてたんだけど、
この作品は期待してもいいかもしんない。

「箱折連続殺人事件」という猟奇的な殺人事件(人の関節を逆に折って殺す手口)を追う刑事が主人公なのですが、
わりと序盤に捜査の過程でその犯人と接触がある。(※まだ気づいてはいない)
その二人を軸にして、物語が周囲と過去を巻き込みながら転がり始める…。

こんな煽りでいいかな(w

残酷な描写もあるけど、それだけに命の真髄に迫るような展開になるのではないかと期待しております。

次巻、愉しみです。



| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2017年9月18日 (月)

クワン チャイ

Img_6295_3



イオンモール神戸南が9/20よりグランドオープン。Img_6261

プレオープンしていたので、早速行って参りました。

なかなか広くて物に満ちた物凄いモールで、
OPA2→ウミエ→兵庫、と次第にグレイドアップしている気がするイオンモール。

ただ、短期間に近場にこんなにどんどん作って食い合いしないのかどうか心配なほどだ。

三宮一番館以降、二番館はどうなったのか?なんて感じだったジョーシンさんも入ってるし、
イオンのコバンザメ的な展開を見せるヴィレッジ・ヴァンガードのアウトレット店『ヴィンテージ・ヴァンガード』などもあり、
うろうろとショッピングを愉しみました。Img_6281


Img_6272

前日の台風の反動なのか、お客さんの数は結構なものでした。

食事は、タイ料理『クワン チャイ』でクウ。Img_6237

世界一美味しいカレーとも言われる『マッサマンカレーセット』を注文。Img_6247

具がたっぷりでめちゃ美味しかったです。
全然辛くないのでお子様でも大丈夫かと思われます。

イオンモール神戸南、また行きたいです。

ウヂュラン評価:★★Img_6214Img_6251




| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2017年9月15日 (金)

約束のネバーランド

Sexynude


『約束のネバーランド』
(原作:白井カイウ 作画:出水ぽすか/集英社)を読んだ。

現在、5巻まで発売中で、とりあえず一段落ついた感じなので、
御紹介してもいい頃合いかと思いまして。

グレイス=フィールド・ハウス(GFハウス)に住む孤児たちは日課としてテストを受けて、
後はただ愉しく遊んで暮らす毎日を送っていた。
優しい"ママ"という母親役の女性一人で、何十人もの子供たちの面倒を見ている。
主人公のエマたちはそんなハウスで明るく暮らしていたが、…?

‥若干、ネタバレしないと面白さをどうしても伝えられないので、
ほんの少しだけ書きますと、
あるきっかけで、そのハウスが、鬼たちによる人肉農園であることを知るわけです。
つまり、自分たちは、家畜だったと。

それで、天才的に頭のいいノーマンの企てで、
エマと子供たちは脱走することを決める。

この大枠の設定は『アイランド』だったり、最近の『進撃の巨人』や『暗殺教室』だったりそのあたりからだと思うけど、
細かい味付け部分が『赤毛のアン』だったり『ピーターパン』『あしながおじさん』とか児童文学の名作だったりする点がかなり良いセンスではないかと。

脱走して外の世界がどうなっているのか?

『進撃の巨人』の最初の頃に僕たちが期待していた展開に近い気がする。
(※あちらはあちらで良かったと思うけど。)

どれくらいこの先広がりがあるのか判らないけど、
なかなか期待出来そうなので、読み始めるから、今かな、と思います。

読書の秋にでも是非、どうぞ。




| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2017年9月13日 (水)

アイスクリームが溶けてしまう前に(家族のハロウィーンのための連作)

Img_6170

小沢健二と日米恐怖学会の『アイスクリームが溶けてしまう前に(家族のハロウィーンのための連作)』(福音館書店)を読んだ。

まぁまぁ字のある本だけど、挿絵も多いので、小学校の中高学年くらい向けの絵本って感じだ。

内容はハロウィーンをテーマにしたお話しなんだけど、
絵と文字のバランスとか滑らかな展開とか、とても愉しくて愉しくて、
子どもの頃に戻って夢中で読んでしまった。

結果、大人に向けられたノスタルジックなファンタジーだったんだけど、
もう、胸に滲みるというか、目が潤むというか、
とにかく素晴らしい作品でした。

一番は小沢健二氏の文章の良さで、
おそらく自身の子どもとかをイメージしながら書かれたんだと思えるようなやさしさがにじみ出ていた。

実は、こんな風に世界を感じることを忘れてしまった大人にこそ読んで欲しい一冊です。

言うまでもなく、できれば家族で愉しんだ方がいいかもとゆう本当の意味で「一家に一冊」って感じですね。

BGMには『フクロウの声が聞こえる』もどうぞ。

こちらも子どもたちへのメッセージを込めたような歌詞があるとてもやさしい歌でしたのでオススメです。

きっと、あなたの心に子供の情景が蘇ると思います。

Happy Halloween。wink




| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2017年9月12日 (火)

リベラ

Img_6127


スイパス探検隊は、
今回新登場となりました『SWEETS DELIVERRY Rivera三宮店』(加納町3)さんへと向かいました。

オリジナルケーキ宅配の専門店らしいのですが、
店内と店外に座席が設けられていて、
案外ゆっくり出来るスペースとなっていました。

ケーキセットはショーウインドゥの7種類くらいのケーキからチョイス。

今回はガトーフレーズを選んでみました。Img_6212

そのまま出て来るのかと思ったら、
プレートの上にアイスやなんかも加えてゴージャスな作品として登場したのに感激でした。

コーヒーも美味しかったし、
とっても明るくなれるスイーツタイムでした。

ウヂュラン評価:★★★




| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2017年9月11日 (月)

唐揚げ定食[みにとまと]

Img_6119



夏バテ気味のランパス探検隊ですが、
今回はがっつり系をチョイス致しまして、
『創作料理DINING お野菜と地鶏と みにとまと』さんで唐揚げ定食をいただく事にしました。

まず、ウーロン茶とアイスコーヒーをチョイス出来まして、
毎回お得感が満載なわけですが、
揚げたてホクホクのから揚げさんがジューシーでめちゃ美味しかったです。Img_6211

なにげに出されたお吸い物も上品な味で、お野菜も含めて大満腹なランパスタイムでした。Img_6115

ウヂュラン評価:★★★

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2017年9月 9日 (土)

ドラゴンクエストⅪ過ぎ去りし時を求めて

Img_5896

今回、うぢ坊課長が挑戦致しましたのは、
SQUARE ENIXの『ドラゴンクエストⅪ過ぎ去りし時を求めて』です。

アラフォーありがち自慢としましては、
1作目の発売日から『ドラクエ』に熱狂して来たわけですが、
3とかくらいまで3~4年くらいで一気に進化しながらリリースされていた時代、
凝縮された濃密なゲーム内容は今想うととんでもないクオリティだったわけで、
ゲーム機が容量デカくなるに連れてCGやら何やら、
ビジュアル作成に時間と人手が取られるのか、
5をピークに堀井雄二色が薄れてしまっていた気がしたりします。

ですが、
今回は原点回帰とありまして、
3D視点と2D視点の両方を選択できるらしいので、
久しぶりに興味も沸いたし、
挑戦してみることに。

主人公の少年が16歳を迎えたある日、
自身が伝説の勇者の生まれ変わりだと知らされる。
そして、デルカダールの王へ会いに行くと、
「悪魔の子」と呼ばれ囚われの身になる。

やがて、
勇者はその自身の運命と、
ルーツを辿る旅へ出る。

そんな物語の始まり、
ほとんど自動的に話が進むので、
今更ながら初期「ドラクエ」の自由度がないなぁ、なんて思いながら、
進んで行きました。

詳しいストーリー展開は流石に書きませんが、
その後、勇者は絶望のどん底を味わったりしながら、
巨悪を倒すことになります。

全体的に自由度は低く、
それなりにモンスターと戦っていれば、
レベル上げなんてこともせずに済むので、
一回も死ぬことなくクリアできました。

とはいえ、
いろんな登場キャラクターのエピソードもどれも印象的で、
とても愉しめました。

まぁ、そのクリアしたところまででは普通の感想、
4くらいの満足度かな~、って感じだったのですが、
そこからがなかなか!

クリア後の展開こそが、
まさに「ドラクエⅪ」!

「過ぎ去りし時を求めて」の意味がやっと判りました。

ドラクエのテーマ性は毎度感心されられますが、
今回のテーマは過去のドラクエをちょっとプレイできるヨッチ族のパートで、
僕らの想い出を呼び起こすくすぐりみたいな部分が総てかと思っていました。

けど、物語的に、このおまけともいえるクリア後の部分こそが、
過ぎ去りし時を取り戻すための旅で、
とても良かった。

一回区切りつけた意図もわかるけど、
ここまで含めてでようやくクリアってのでも良かったんじゃないかな~。

ほんと、それくらい良かったです。

個人的には最高傑作なんじゃないかな?と思いました。

また、心にかけがえのない財産がひとつできた気がします。

勇気をありがとう。

かつて勇者だった少年はみんな愉しめる傑作です。



| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2017年9月 5日 (火)

果肉いちご氷

Img_6050


本日はお日柄も良くスイパス探検隊は『喫茶しんとう』さんで、
果肉いちご氷を注文。Img_6177

画像でどれだけ伝わるかわからないですけど、
このかき氷、結構デカいんです。coldsweats01

まさに「果肉いちご氷が現れた!」って感じでした。

たぶん、標高2o㌢くらいはあったかもです。

味はなかなか美味しかったのですが、
後半は口が麻痺して、
味が判らなくなりました。

マジで呪文「キアリー」でも唱えようかと思ったくらいです。

そんなわけで、
今度は別にミニサンドセットも追加注文してみると、
ミニとはいえ食べ応え充分でした。Img_6178

お腹がはち切れそうになって帰宅しました。

食いしん坊、万歳。

ウヂュラン評価:★★

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2017年9月 4日 (月)

もちとマカロニのグラタン

Img_5983

夏も終わりに近づき、
季節が変わろうとする中、
またもや用事で垂水の方へと出かけたので、
「cafe restaurant ブラジル」さんへ行くことにした。

今回は『もちとマカロニのグラタン』を注文。Img_6171

一口サイズのおもちがグラタンの中に幾つも入ってるんですけど、
なかなか美味しかった。

けど、言うてもお餅ですから、
流石の宇宙の胃袋の私にも量が多かった気がします。

最後は気力で食べましたけど、
満腹感は絶大でした。

次回はどんなメニューにしようかな、色んなメニューがあるので、
毎回ちょっと愉しみです。

喫煙:可

ウヂュラン評価:★★★Img_5986


| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2017年9月 1日 (金)

ルビンの壺が割れた

Img_5741



宿野かほる氏の『ルビンの壺が割れた』を読んだ。

新潮社のキャッチコピー募集の宣伝戦略によって、
発売前にネット上で全文を公開されていて、
その時に一度読んでいたのですが、
書籍になって書店に並んでいると気になるもので、
軽く読める本だし、ちょいと購入してまさかの二度目の読書となりました。

物語はフェイスブックでかつて結婚寸前までいっていた女性を発見した50代の男性が、
女性にメッセージを送信したことから始まります。

徐々に、相手の女性からも返事が来るようになり、
その往復書簡の形式で全篇が描かれているのが特徴といえば特徴です。

学生時代に恋した気持ちや、想い出話しなんかを織り交ぜながら、
彼女が何故、結婚式当日に現れなかったのか?その真相へとふたりのやりとりは近付いて行きます。

サスペンスっぽく読むと、なんか伏線がどうとか言われがちですが、
二度目を読むと、なにげにヒントが散りばめられてあったりして、
そういう種の伏線みたいな仕掛けはあったんだな、と思いますし、
これはこれで良いのではないかと思いました。

最初ネットで読んだときは、ちょっと読後にモヤモヤしたところがあったのですが、
書籍版で書き換えてあった最後の一文にそのモヤモヤがスカッとさせられました。

この小説のキモとなるのはその最後の一文だったんですね。

ネット版では、長いネタ振りに対してのオチが無かったのが逆に気持ち悪かったってとこなのでしょう。
…むしろ、こういう感想を予測して、あえてネット版であの一文に差し替えていた気がしなくもないですが、
このオチでこそこの小説の切れ味となるのは間違いないでしょう。

結論から言うと、結構、面白く読めました。

読み易いし、いい暇つぶしになる一冊ですので、是非読んでもらいたいです。

p.s.折角フェイスブックでのやり取りという現代的な要素を使っているのに、縦書きなのが残念でした。
絶対、これは横書きでないとアカンやろ…。



| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2017年8月29日 (火)

ミルク金時

Img_5683



こないだ行ったばっかなのですが、
再びサンパル1Fにあります『cafe restaurant モッキングバード』さんへ行きました。

今回はケーキセットでガトーショコラを注文。Img_6136

値段設定が安めなのもいいけど、
ゆっくり落ち着けるのがなによりも有り難い。

喫煙できるし、ゆっくり涼み過ぎて、
ミルク金時も食べてしまったお。Img_6127

ウヂュラン評価:★★

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2017年8月28日 (月)

海鮮広東料理 中華料理 昌園

Img_5658

夏の終わりのランパス探検隊は、
『海鮮広東料理 中華料理 昌園』(元町1)へと向かいました。

南京町の中心部にあるのでとても場所は判り易かったです。

食した『酢豚定食』はジューチーで最高に美味しかったのですが、
その辺はある意味では期待通りでした。Img_6123

けど、スープやお漬物のまで美味しいとなると流石に驚きにもなる。

ランパス以外のお客も続々と入って来るので普段から流行ってはるのだと思うし、
大満腹のランパスでした。

喫煙:可

ウヂュラン評価:★★★

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2017年8月23日 (水)

クレームブリュレ

Img_5139


スイパス探検隊は「ビストロウエシマ」(三宮1)へ。

今回戴きましたのは「クレームブリュレ」です。Img_6066

パリっとした表面をアメリのようにかち割りながら、
ムーディーな店内でゆっくりさせてもらいましたのでクレームなんかないです。

とっても美味しかったです。Img_5128

ウヂュラン評価:★★



| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2017年8月22日 (火)

海神わだつみ

Img_5116


快進撃を続けるランパス探検隊は、シーズン13(vol.13)へと入り、
ますます貪欲さを増して行進しています。

今回は初登場の『海神わだつみ』さん(琴ノ緒町5)へ。

グリーンシャポービルの地下にあります小料理屋さんなのであります。

メニューは『わだつみ野菜たっぷりピリ辛冷麺!(おにぎり付)』でした。Img_6072

鶏ガラベースのタレにヤンニョムとお味噌が混ぜ合わさってちょっとピリ辛でめちゃくちゃ美味しかったです。

お味噌がちょこんと乗ったおにぎりも絶妙で美味しかったです。Img_5123

冷房がガンガン効いてるので、
暑がりさんには是非オススメしたい一店です。

また行きたいです。

喫煙:可

ウヂュラン評価:★★★




| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2017年8月21日 (月)

カフェテラス トリコロール

Img_4982



真夏のお盆スペシャルウィーク限定活動の一環として、
「三井アウトレットパーク マリンピア神戸」へも向かいました。Img_5019

もうかなり前から行っていなかったので、
どうメタモルフォーゼ(変態)しているのか確かめる意味も含めて、
ぶらりとしてみたわけです。

なんとなく食べるところとか少なかったイメージでしたけど、
今回の印象では結構いろいろ増えてて、
昔とは違うようです。Img_5066

そんな中、なんせ暑かったので、
「Cafe Terrace Tricolore」さんへ。Img_5036

木イチゴのミルフィーユなどを食すことに。Img_6086


Img_6055

広い空間でしたので、
なかなかゆったりとしてて良かったです。

coenとかで服とか買ったお。Img_5052

ウヂュラン評価:★★




| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

cafe restaurant ブラジル

Img_4942



所用で垂水区へ出かけるハメになったので、
駅周辺をうろついて噂に聞いたことのある有名店「cafe restaurant ブラジル」さんへ行って来ました。

本日の日替わりランチは「トンカツと冷やし天玉うどんとくらげの酢のもの」でした。Img_6052

正直、さほど期待していなかったのですが、
昔ながらのお店の昔ながらの味は絶品でして、
しかも量が多くて満腹感も凄かったです。Img_4952

創業が僕とほぼ同じ年齢らしいので、
共に成長していきたいと思います。

文句なしのこちらのBRAZILさんにはまた行っていろいろなメニューを試したいな、と思いました。

それにしても垂水の商店街はめちゃ人通りも多くて廃れてないのが新鮮でした。Img_4962

喫煙:可

ウヂュラン評価:★★★

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

«最も危険なアメリカ映画