2018年6月19日 (火)

フルーツサンド&ピザトースト[Cafe&Cake マルオー]

Maruko

元ブラしながらいつものように変わらない日常よろしく『Cafe&Cake マルオー』さんで、
フルーツサンドピザトーストを食べた。Fruitsando


Pizzatoast

思っていたより多くてびっくりしたけど、
時間をかけてゆっくりと味わいました。

どちらもイメージそのまんまなのに何故かめちゃ美味しいという不思議で素敵なお店です。

喫煙:可

ウヂュラン評価:★★

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2018年6月18日 (月)

希少部位日替わりステーキセット[Cafe&Bar DINGO]

Dingowc

本日の早朝に大阪で震度6を超える地震があり、
交通機関にかなりの乱れが出た中、
ランパス隊はその活動に迷いながらも『Cafe&Bar DINGO』さん(北長狭4)へ。

臨時休業しているお店が多いので諦め半分でしたけど、
営業してらしたので、活動を開始することにしました。

希少部位日替わりステーキセット🍴「イチボ」「ミスジ」「ヒウチ」が日替わりで登場するらしいですが、
この日はどれか判らず…、でしたけど、むちゃ美味しかったです。coldsweats01Ichibo

ワサビとお塩でお肉の味を堪能しました。

冷静に考えるとスープも冷製で、和テイストで美味しかったです。

なかなか大変な一日だったですけど、
美味しい食事をありがとうです。

ウヂュラン評価:★★★Jisin


Rinji


Img_5158


| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2018年6月16日 (土)

龍の歯医者

  Hachatan2_2





NHK BSプレミアムの大型企画として放送されたアニメ『龍の歯医者』を観る。

"龍の国"らしき世界でファンタジーなのだけども、
戦艦や軍隊なんかが登場してて大戦時期の日本ぽい世界観の舞台。

主人公は、国の守護神である龍を虫歯菌(モンスターぽい)から守る野ノ子と、
小さな村のような設定の仲間たち。

そんな彼らは毎日、龍の歯の上で色んな黒い虫歯菌と呼ばれる異世界のもののけみたいなのと戦っている。

ある日、歯の中から、"ヨミガエリ"として(たまに死者が蘇って出て来るらしい)敵国の少年兵ベルが現れる。

野ノ子らは彼を歯医者の仲間に迎えて、日々闘いを繰り返すのだったが…、みたいな内容。

スタジオカラーのエヴァのスタッフが多く参加して製作されたってのがフレコミで、
それを前後編分けてテレビ放送とかして発表していたので、注目していました。
※しかも、放送の前後に特番的に客入れたりして非常に珍しい扱いでした。

まぁ、正直、あんまし期待してなかったのですが、
実際観てみるとこれがなかなか善いではないですか。

確かに予算と時間の都合も感じる、多少粗削りな作品だったりするんですけど、
これは劇場映画として公開してた方が善かったかも、ってくらいのクオリティがありました。

それこそジブリアニメの新作でこういうのを出せたら世間も違和感なく観た気がします。

個人的には前半の歯の上でこちょこちょとしたエピソードがもっと続いてくれたら嬉しかったかも。
なんかシュールで好きな設定です。

後半に連れだんだん、「生きるとは」みたいなテーマに触れて行くわけですが、
思春期の視聴者にはなかなか胸に来る作品になったかも。

アクションとのバランスが善かったし。

皮肉にも(?)声を演じていた清水富美加(千眼美子)さんがこの後、出家してしまったのは、
もしかしたらこの作品で生きる意味を考え始めたからかも・・・なんて考えたりもしたけど。

大傑作、とまでは行きませんでしたが、
鑑賞に堪える素晴らしい一作でした。

オザケンの『ぼくらが旅に出る理由』のカヴァーをOpとEdで聴けたのが癒しでした。




| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2018年6月15日 (金)

生理ちゃん

Anne


小山健さんの漫画『生理ちゃん』を読む。

各話の主人公の女性の元に毎月訪れる生理ちゃん。
容赦なく女性の腹に生理パンチを浴びせる姿に生理の辛さを見た。

ギャグ漫画のようなテンポと、
トンコちゃんやタムくんのような画風で描かれてあるので、
読み易いし、爽快なんだけど、
実はなかなかリアルを追求している気がする。

生理なんてテーマも珍しいと思うけど、
その生理をキャラクターに具体化しているところが最も斬新で、面白い。

人によって大きさがまちまちだったりするのもなんか、ぽくていいなぁ。

こうやって見ると、
生理ちゃんはドラえもんのようにそばに寄りそってるんだけど、
暴力的だし何の役にも立たない無益な隣人なんだというのがよく判る。

けど、物語を通して、
生理ちゃんがいてこそ訪れる女性らしい何か特殊性みたいなものも感じたし、
男性としてはとかく考えさせられる作品でした。

たまに性欲くんとかも出て来るけど、
生理ちゃんだけに留めて欲しかった気もしなくもないが、
ギャグしとしては面白かったです。

特に第一話がよくできてて、この作品の総てだと思いました。

むしろ男性にオススメの一冊です。




| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2018年6月14日 (木)

ショコラアイスのパンケーキ[ビストロウエシマ]

Bistrotryuheirain



スイパス探検隊のシーズン4のファイナルは「ビストロウエシマ」(三宮1)さんにて。Img_7626

ショコラアイスのパンケーキは正直、浪速の成人男性的には小さめだったけど、
美味しかったです。

ウヂュラン評価:★★Bistrotbow_2








| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2018年6月13日 (水)

よだれ鶏丼[江湖菜]

Jyanfusai

梅雨ニモ負ケズ、
ランパス探検隊は「江湖菜(ジャンフウサイ)」(北長狭1)さんへ。

前回2016年1月4日以来なので2年以上経過して久しぶりに訪れました。

すき屋のビルの6Fなので比較的判り易い筈でしたが、
ランパス記載のビルの名前が違っていたので、ちょっと戸惑う一幕も。

よだれを垂らしながら「よだれ鶏丼」を注文しました。smileImg_7624

本格的な四川料理の辛味が美味しかったです。

冷たいメニューなので、本格的に暑くなったときには辛さと共に元気になれると思います。

タイミングによっては貸し切りみたいでめちゃくちゃ落ち着けるのもいいですね。

Jyanbowsai_2


喫煙:可

ウヂュラン評価:★★




| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2018年6月12日 (火)

苺のカップショートケーキ[Mother Leaf Tea Style]

Teastyle



スイパス探検隊も休止して、
またまた西宮ガーデンズは『Mother Leaf Tea Style』さんへ。

「苺のカップショートケーキ」とアイスコーヒー、
少し予想よりケーキが小さめだったので、
「ブルーベリーヨーグルトラテ」も注文。Teastyleblue

苺のカップショートケーキは、
まさにショートケーキのオーソドックスな味と量で、
味覚的な斬新さは無かったですけど、
わざわざハート型にしたストロベリーとかぶろぐ映えしそうでなによりです。15short

ウヂュラン評価:★★Teabow_2








| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2018年6月11日 (月)

手仕込み牛ロースかつ定食[定食と甘味 さち福や 阪急西宮ガーデンズ店]

Gardenz2018

本日は曇空ナリ。

…というわけで、ランパス探検隊の活動を急遽中止して、
久しぶりに西宮ガーデンズへ。

結構、人々が沢山訪れていて、
早目に店探しを始めたから良かったものの、
昼ど真ん中目指してたら並ばなければ何処も満席なので御注意を。Satifukuya

今回は『定食と甘味 さち福や 阪急西宮ガーデンズ店』さんをチョイスしまして、
オススメっぽい「手仕込み牛ロースかつ定食」を御味噌汁を豚汁に変えて(+150YEN)注文。Img_7621

サクサクの衣をまとったジューシーなお肉さんがとっても美味しかったです。Satifukubow

甘みのあるソースとも相性バッチス!delicious

豚汁も具がたっぷりでプラス150円にして正解でした。

メニューが豊富なので選ぶのにさんざ迷ったけど、
大満腹です。

ウヂュラン評価:★★★Michaeljackson





| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2018年6月10日 (日)

大東京トイボックス

Daitokyotoybox


うめ
(小沢高広&妹尾朝子)の漫画『大東京トイボックス』(幻冬舎コミックス全10巻)を読む。

部屋が散らかるという諸事情で、
途中で止まっていたものを発掘して初めから再読しまして、
今日やっと読めた感じです。

それで調べてみたところ、
この作品のプロローグともいうべき『東京トイボックス』(全2巻)を読んだときに感想をぶろぐに書いてなかったようなので、(反省)
ここらで感想おば書いておこうかな、と思いました。

簡単に説明すると、
ゲームクリエイターを主人公にしたゲーム業界の話しでして、
確かドラマ化みたいなのもされたと記憶しております。

主人公の天川太陽は天才的なクリエイターで、
かつて「ソードクロニクル」という名作ゲームを生み出したわけですが、
大企業であるソリダスワークスを辞め、
小さなゲーム会社でゲームを創っています。

その会社にやって来た月山星乃って女性とモメたりしながらゲーム制作のあれこれを描いていたのが、
『東京トイボックス』の2冊でして、
今回はその会社に入ったバイトの百田モモを切り口にして、
更にゲーム制作を掘り下げた内容となっております。

主にソリダスの局長の宿敵・仙水伊鶴との新作ゲーム創りを巡っての闘いが前半、
表現の規制なんかを巡っての卜部・ジークフリート・アデナウアーとの闘いが後半、
大きく分けてそんな物語です。

特に後半はアデナウアーの息子が、太陽らの創ったゲームの影響で起こった銃乱射事件の被害者であり、
彼がその復讐のためにやって来たのだ、みたいな重い展開になって来て、
サスペンス要素も満載でしかも結構耳が痛い(深い)話しになって来てたりします。

個人的には新たなゲームを仲間と創り上げて行く過程で苦しむクリエイターの姿だったり、
その辺のゴタゴタのエピソードの多い前半の方が好きなんですが、
この後半の物語を畳んでいく感じも悪くなかったです。

普通、中途半端に終わりそうな話しだったのに、
ちゃんと描きたいことを全部詰め込んだ感じで非常に濃い作品でした。

最後になるに連れ、太陽が主人公として弱くなって来ている気がしましたけど、
多分それは他が強くなり過ぎたからだと思います。

話しは逸れますが、、、
何度も作中挿入されるマルティン・ニーメラーの詩「彼らが最初共産主義者を攻撃したとき」は、
この作品の大きなテーマですが、
譬えば、煙草の問題でもそう、いろんなことに当てはまる話しで、
いろいろ考えさせられました。

漫画としての読み易さも巧く抜群で、
かつ見合った内容もあって好きな一作となりました。

これは結構、隠れた名作ですね。




| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2018年6月 9日 (土)

目をむいて食べているあなた

Bon


友川かずき
のアルバム『一人盆踊り』を聴く。

いつだったか、しれっとインディーズ盤としてひっそり世にリリースされた一枚のアルバム。

然りとて、友川のネイキッドな唄であることに変わりなく、
否、むしろより剥き出しの叫びが再生される。

表題曲の「一人盆踊り」なんて自虐的なテーマにして胸倉を掴まれた感じだが、
叫び倒すのがスタイルの常である友川が囁くように、詞を朗読のように唄う「目をむいて食べているあなた」がとにかく秀逸だ。

"狂人は画家であり 病名は歌手であり 医者は観客であり 草木もしくは看護婦は詩人である"のような痺れるようなフレーズが沁みる。

作詞、立松和平の2曲「桃源」「お岩さん」やなんかでも少しいつもとは違った雰囲気を放ち、
「みだらまんだら」「グッドフェローズ」と畳みかけるようにして短いアルバムは終演する。

冗談ではなく、友川こそ本当の意味での「ギター侍」だと感じる。

時代の儚い一枚に過ぎないアルバムだとは思うが、
心が振るえるような眩い閃光を放つ名盤ではないだろうか。

少なくとも僕にとっては。




| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2018年6月 8日 (金)

無知な雑魚共[約束のネバーランド]

Yakuneva9



『約束のネバーランド』(原作:白井カイウ 作画:出水ぽすか)の第9巻を読む。

もしかすると失速するのかと不安気にページを開いた9巻でしたけど、
ますます面白さを加速する内容で絶好調でした。

農園から出て、鬼の世界の中で迷っていたエマでしたけども、
ここに来て人間界への通路のヒントを得たり、
ミネルヴァさんの正体(?)だとかいろいろ明かされていたり、
"あのキャラクター"もさり気に出てきたり、
物語の視界がハッキリしてきたところで狩場での闘い!

しかも闘いとかあんまりくどくなくてスピード感ある展開でGooD!

前にも言ったけど、
オレが読みたかった「進撃の巨人」の展開と、
俺の読みたかった「暗殺教室」のテーマを両方やってくれているのが好きです。

今後も目が離せません。




| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2018年6月 7日 (木)

屋根ガワラン

Senbei



野村誠+やぶくみこさんのアルバム『瓦の音楽musik genteng』を聴く。

淡路島アートセンターの「瓦の音楽」プロジェクトとして、
現代音楽家の野村誠さんらによる瓦による楽器演奏されたCdです。

瓦をゴルフボールを先に付けたバチで叩いて演奏するスタイルでして、
木琴、鉄筋みたいな感じですけど、
ちょっと独特で不思議な音色が愉しいです。

何処かの民族音楽のようで、非常に良かったです。

ただ、
オリジナル曲はとっても好きなのですが、
既成の曲「こいのぼり」などの演奏は微妙になんか音を無理して合わせている感じで、
楽器としてはまだまだ改良の余地があるのかなぁ、という気がしました。

気になる方はご一聴どうぞ。




| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2018年6月 6日 (水)

燃えよドラゴン

Enterthedragon

ブルース・リー主演の映画『燃えよドラゴン[特別版]』を観る。

当たり前過ぎてこれまでブログに書くなんて発想すら浮かばなかったくらいの名作なんですが、
部屋を片付けていたらdvdがポロッと出て来たのでこれも何かの思し召しかも知れないので、
一回くらいブログに感想とか書きます。

この作品は、かなり幼少の頃、リー先生の死後話題になっていたことから、
親に連れて行かれ劇場で観たのを記憶しています。

公開年を見ると幼な過ぎるだろ、と思いましたが、
そんな子供でも内容を理解していたし、映像も鮮明に記憶しておりまして、
映画の帰りにプラチック製のヌンチャク振り回していたのは遠い想い出です。
(※リバイバル上映だったのかな?とも思いましたけど、ヌンチャク売ってたりしたし、ブルース・リーが死んだってのが凄く印象に残ってたので、リアルタイムだった気がします。)

ストーリーは、シンプルそのもの。
麻薬密売組織の独裁者みたいな男、ハンの支配する孤島は証拠がないため警察も踏み込めないし、
銃器などの武器も持ち込めない。
そこで、少林寺の達人のリーがハンの主催する武術トーナメントに参加して麻薬密売の証拠を探る、といった話しです。

ただ、確かに単純な話しなんですけど、
その島に向かう船での回想シーンとかで各登場人物の過去だったり参加する理由なんかを短時間で描いてたり、
説明し過ぎない脚本だったり、結構、映画としてシブかったりします。

この辺が時代もあるんでしょうけど、
「ザ・子供向け」みたいな作り方していないのが現代にまで語られる映画になった要因じゃないでしょうか。

それもその筈で、ブルース・リー先生のアクションがもう本気でホンモノ過ぎて、
映画スタッフも真剣に作らないと殺されたかも知れないくらいの迫力があります。

予算的にはB級映画だったと訊きますが、
リー先生のカリスマ性だけで完全にA級映画に仕上がっておりまして、
本当に今観ても色あせていません。

それ以降の、特に「ストリートファイターⅡ」の映画とか、
この作品みたいなのを目指していたとは思うのですが、
不思議なくらいどうしてもこうしてもこの作品に及んでないのが不憫です。

一方、今観ると意外と「未来少年コナン」とか、あの辺にも影響与えてたのが発見でした。
ついでに「北斗の拳」のケンシローとか「キン肉マン」のベアクローとか「コブラ」のラグボール篇とかはいうまでも無いですが。(w

さて、それでもっと意外だったのが、リー先生の格闘シーンが思ってたより少な目だったこと。

なんかずっと戦っていたイメージでしたけど、
冒頭の格闘シーンから1時間くらい格闘しないんですよ、驚いたことに。

それが溜めになってて後半一気にぶちのめすからインパクト強かったんだろうなぁ。

そして、あの例の最後のハンとの闘い。
鏡張りの部屋は映画としての完成度を一段上げたと思う。
このアイデアが無かったらちょっとハン相手では最後盛り上がりに欠けていたと思うし。

そんな感じで久しぶりに愉しんだ『燃えよドラゴン』、観たことある人も無い人も、
レンタルとかしてみて欲しい一作です。

これぞカンフー映画の金字塔です。

正直、子どもの頃には映画ってのはこんなにすごいものなんだと思って来たけど、
実はこんなすごい映画はその後なかなか出逢えなかった気がします。
特にここまで血沸き肉躍るような理屈抜きのカッコいい映画はもう出ないかも知れないですね。

アチョーッ!!!!!!!




| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2018年6月 5日 (火)

バナナソフトクリーム[モッキングバード]

Mokkin



時経たずしてまたまたサンパル1Fにあります『cafe restaurant モッキングバード』さんへ。

今日は暑かったので、
ホットケーキセットと、
バナナソフトクリームを注文しました。Bananaman


Img_7590

本当はバニラアイスクリームを注文したのですが、
活舌が悪かったのか、どうも間違われてしまったようで、
店員さんに報告とかすると廃棄されてしまう怖れがあるので、
今回は「そんなバナナ!?」という気持ちを押し殺し、
黙ってバナナアイスを平らげました。

喫煙:可
ウヂュラン評価:★★



| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2018年6月 4日 (月)

ラーメン+チャーシュー丼[小楽苑]

Korakuen


ランパス探検隊は新登場の『ラーメンと丼のお店 小楽苑』(さんプラザB1)さんへ。

9席のこじんまりとした狭い店内で、テレビの流れる懐かしい雰囲気そのままに、
醤油ベースのミンチ入りラーメンもまた昔を想い出すような味で非常に美味しかったです。Img_7589

おまけにチャーシュー丼まで付いてて、満腹度までなかなかのものでした。

ちょっと美味しいラーメン食べたい時なんかにはふらっと立ち寄るのも良いかも。

実際、すぐにお客さんで満席になっていたし、今後なかなかの人気店になると思います。

喫煙:不可(※店の斜め前にさんプラザの喫煙所アリ)

ウヂュラン評価:★★




| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2018年6月 3日 (日)

さよならなんて言えない(さよならを教えて)

Arabesque


ジェーン・バーキン
のアルバム『アラベスク《ライヴ盤》』を聴く。

2003年リリースのライヴ盤でありますが、
多くをセルジュ・ゲンスブールの曲を歌った内容ですが、
アラブ風の(ライ・ミュージック?)曲調にアレンジしたのが特徴のライヴで、
これがなかなかエキゾチックかつ舞台的で良いです。

こういった思い切った試みは原曲の良さを失いがちですが、
このライヴでは珍しく成功していると思う。

いくつになっても可愛いです。

p.s.ライナーを書いた中安亜都子さんが5トラック目「アノ」でバーキンが朗読する詩の作者アノ・バーキンは親戚か何か、と書かれてましたけど、
あれは20歳で事故死したジェーンの甥になります。




| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2018年6月 2日 (土)

バースデーカード

Hashimoto


吉田康弘監督の映画『バースデーカード』を観る。

主人公の少女(橋本愛)が10歳の時に他界した母親(宮﨑あおい)から二十歳になるまで、
毎年誕生日になると1通の手紙が送られる。

その設定は『ニライカナイからの手紙』みたいだけど、
その設定を訊くだけで泣ける映画だと思いだいぶ期待していたし、
アマのレビュー評価も高いので観てみたのだが…、
わりと陳腐な映画で少々がっくしした。

それこそ「ファーストキスの仕方」などお茶目な恋愛指南の手紙があったり、
母親の同級生を尋ねてタイムカプセルを掘り起こしたり、、、そういうエピソードは実は結構、
娘を想いながら死した母親の気持ちみたいなものが感じられて良かったりもしたのですが、
なんせ映画の中盤で20歳の手紙(最後の手紙)が開けられ、特にインパクトのあるような手紙というわけでもなく、
ふわっと終わってしまうのだ。

ネタバレになるかも知れないんですけど、
その後、主人公は母親との想い出からクイズ番組「アタック25」に出場。
…ご丁寧に番組出場シーンもちゃんと描かれてるんですけど、
何、この違和感・・・。
急に映画が安っぽくなるんですけど、、、って感じで、
イタダケない。

最後の問題で、ちょっとご都合主義的に無理がある母親との想い出シーンを挿入して、
クイズの解答と繋げようとしたのは、多分、『スラムドッグミリオネア』みたいにしたかったのだと思いますが、
全然、ダサい…。全くダメで無茶な演出だと思いました。

まぁ、ユースケ・サンタマリアの出演もありコメディタッチな部分もあったしそれなりには許せるとしても、
この映画のテーマであり、主役って、やっぱ「手紙」と「母親」だと思うのですよ。

それが後半になると主人公だけが主人公で、
それまでちょこちょこ描かれていた彼氏と結婚してハッピーエンドでしょ?…って、
こんなもんただのブライダル映画やがな!

ギリギリ設定を思い出したみたいに「結婚式に渡して」とされる母親からの手紙が送られても、
もう遅いねん!!!

もう、こっちは1時間くらい別のベタな恋愛映画観さされて冷めてもうてるねん!!

この映画はやっぱし、20歳の手紙で終わらんとアカンし、
ものすごく胸に刺さるような手紙でないとアカンかったと思う。

それができなかった以上、
もう駄作と言われても仕方がないでしょう。




| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2018年6月 1日 (金)

紅天女~『ガラスの仮面』より~

Kurenaitennyo

『ガラスの仮面』連載40周年記念CD『紅天女』(作詞(原作)・美内すずえ)を聴く。

『ガラスの仮面展』の物販で見つけたのですが、
歌なのか何なのか?何曲入りなのか?など、表面からは全く判らず、買うのを躊躇いそうになりましたけど、
そこは変なCd収集癖が作動致しまして、
ダメもとで購入しました。

まず、Cd情報と致しましては、音楽でした。(w

作詞を美内すずえ先生、作曲を寺嶋民哉、歌を郡愛子両氏が担当しておりまして、
実に21分30秒もある大作です。

どうも美内先生が企画的にリリースしたインディーズ盤らしく、
市販(流通)されていない様子なので、
これはもしかしたら今後相当なお宝になるやも知れぬ一品かと思われます。

わりとマジで見つけたら買っておいた方がいいレベルかも…。coldsweats01

とはいえ、『ガラスの仮面展』以外では販売されてないようですが。

さて、その曲なんですけど、
聴いてみたところ、ぶっちゃけ結構イイです。

歌詞が『紅天女』の難解な感じを残しつつ、
それをシンフォニックなプログレ、ときにはアンビエント、な感じの壮大な楽曲で、
ソプラノ歌手の郡愛子さんが魂で歌い上げる。

後半の盛り上がりになると正直、感動していました。

「まこと紅 千年の 生命の花ぞ いま開かん」あたりのメロディの繰り返しも素晴らしいですね、耳に残ります…。

これ一曲で『紅天女』の全体像がぶわっと胸に広がって、
原作のイメージもぐっと深くなる筈。

ファンなら買って損無いので是非ともオススメしたい一枚です。

…「紅天女」がミュージカルとかならこのまま使えるはずですがそうじゃないとゆう。(w

p.s. 新品なので傷もないのに7:22あたりがどのプレイヤーで聴いても音飛びするのは何故でしょうか?
プレス時の欠陥なのでしょうか?weep




| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2018年5月29日 (火)

プラリネとカスタードのクレープ[カフェ ラルシュ]

Larushu


スイパス探検隊、、ではなく、ランパス探検隊おやつ支部として、
今回は『カフェ ラルシュ』(山本2)さんへ。

『吉屋』さんから近くの路地を少し下ったところにあるので、
見つけ易い気がします。

流石は世界の北野と言わんばかりの滅茶苦茶お洒落なお店で、
マスターも超イケメン。Img_7562

「プラリネとカスタードのクレープ」を注文しましたが、
パウダー状のヘーゼルナッツとキャラメルの散りばめられたクレープは満足度大の美味しさで面喰った。

別注文したアイスコーヒーもこれまた上品な味で美味しくて、非常に気に入りました。

訊くと、オリジナルでブレンドしているそうな。

お紅茶もドイツから独自のルートで仕入れているそうなので、是非お試しください。smile

他のメニューもなんか気になる一店ですね。

次回はスイパス(?)登場かな??
だとすると嬉しいですが。

ウヂュラン評価:★★★

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2018年5月28日 (月)

ピリ辛ジャージャーうどん[吉家]

Yoshiyasan20180528



ランパス探検隊はスタートダッシュすべく『吉家』さん(山本通2)へ。

毎回新メニューまで用意して下さる『吉家』さんは毎回愉しみなので、
つい優先的に行ってしまうのです。

今回は「ピリ辛ジャージャーうどん」Img_7563

本格讃岐が具材と混ぜ合わさり、
宇宙的な美味しさで舌を伝わり全身を満足させてくれました。

別注文でトッピングした玉子の天ぷらでまた途中から見事な味の変化を味わえて、
二度美味しかったです。

まさにランパスのキングのような一店です。

次回も愉しみにしています。

ウヂュラン評価:★★★

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2018年5月26日 (土)

DOUTOR 深煎りブレンド 大人のビターラテ

Dotour

大人になったのか、
ここ数年、毎日寝るちょっと前くらいにこの『DOUTOR 大人のビター・カフェ・オ・レ』を1本飲んでリラックスしたひと時を過ごしていました。

累計500本以上は飲んでいたと思います。

それが最近になって、『DOUTOR 深煎りブレンド 大人のビターラテ』に商品名を変え、乗り換えざるを得なくなったわけですが、
それはヨシとして、売っているお店がなんだか少なくて困りものです。Dotour2

Amazonとかじゃまんま送料とか込みでめちゃ高くて損だし、
日々、切らすことのないように奮闘する毎日です。

…ドトール行けよ、オ・レ。(w




| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2018年5月25日 (金)

キングス・オブ・ザ・ロボット・リズム

Retchili



レッド・ホット・チリ・ペッパーズと間違えて、
チリ・ウィリ・アンド・ザ・レッド・ホット・ペッパーズのアルバム『キングス・オブ・ザ・ロボット・リズム』を聴く。

1972年にリリースされたUKパブ・ロックの名盤だ。

一時期レジデンツのサポート・ギタリストとして活動していたフィル・リスマンと、
マーティン・ストーンのユニットで、
ニック・ロウやらボブ・アンドリュースなどの豪華アーティスト(※ブリンズレー・シュウォーツ)も参加しているのをきっかけに知ったのだけど、

牧歌的なんだかイカれているのか判らないところが子ども心にツボったのを覚えている。

ので、まさかの紙ジャケがリリースされていたのを発見したときは歓喜した。

正確なジャンル分けは難しいけど、カントリーと括るのが一番合っている気がします。

音質も良くて聴き応えある一枚なので、是非とも。

テクニックもあるよ。happy02




| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2018年5月24日 (木)

No One Lives Forever

Oingoboingodeadmansparty

オインゴ・ボインゴ『DEAD MAN'S PARTY』を聴く。

今となっては映画音楽の大家として名をはせるダニー・エルフマンですが、
この頃のホーンセクションを活かした軽快でメロディアスなポップサウンドは、
全くと言っていいほど古さを感じさせない。

あらためて独特な歌い方も色気があってこのバンドは無敵だったんだなぁ、としみじみ。

未聴の方はどのアルバムでもいいので聴いてみて欲しいです。

最高に能天気になれる傑作。




| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2018年5月23日 (水)

魔法的モノローグ台本+4+2

Magic



小沢健二さんの著作『魔法的モノローグ台本+4+2』を読む。

「日本語と英語のあいだで」「仕事をせんとや、生まれけむ」、
「ロングジョンを探して」に加えて、
「うさぎ!」の「愉しい広告」4部作+2篇が掲載されている。

子どもの発する言葉から哲学的な思考を巡らせてみたり、
人間と仕事の関係について、
またロングジョンについてちょっと身近なことに触れたりと、
愉しく勉強になる一冊でした。

中でも『愉しい広告』の4部作はもう、結構今後の考え方とかにも影響してくるような内容で、
ちょっと参りました。
僕がやっていた『神戸★中年ステーション』では毎回小さなテーマで短い時間語ってたりしたのですが、
ボツになったネタトークのひとつに「街の広告とか貼り紙とかが五月蠅い」というネタがありました。
(※なんでボツになったのだか…、ボツになったネタほど何故かその後他の人が語っているのを目にするのがまた不思議)

我々と違うトコは、その広告の五月蠅さから始まって、
ブランド・ロイヤルティー(ブランドへの忠誠心)の説明とか、ぐいぐいと深く掘り下げて、
メディア論にまで持っていくところが説得力があって、
納得させられます。

あとは、人種差別についての記述もあったり、
ウェッジ・イシューに感情を掻き立てられる"大衆"についても論じられており、
こういう素晴らしい書籍こそ一般の書店に置かれるべきなのに、、、と勿体ない気がしました。

読後に自らの頭を駆け巡る思考が抑えられないほど、
刺戟的で本当の意味でためになる、そんな貴重な読書体験でした。

ヘタな社会学者よりもよっぽど深く社会学的な内容だったと思います。

…次からは何冊か買って、いろんな人に配りたいです。

オリーブは生きている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2018年5月22日 (火)

ハニーチョコカーニバル[COFFEE&CAKE MARUO(マルオー)]

Suehiro


元町商店街の凡の近くにある『COFFEE&CAKE MARUO(マルオー)』さんへ。

昔ながらのお店という感じで、
手造りケーキが売りのようでした。

推しの「ウィリアム」というケーキにも興味があります。(りんご丸ごとパイ)Img_7516

ハーフ・ミックス・サンドとアイスコーヒーを注文しましたけど、
コーヒーがいい感じに俺好みの甘さ加減で、
しかもサンドウィッチもむっちゃええ感じに俺好みで、
大満足でした。Maruko

美味しかったので、
ハニーチョコカーニバルをデザートに。Img_7517

こちらもケーキを扱った店らしく、超美味しかったです。

商店街のポジション的に、今後も立ち寄り易いかも。

喫煙:可

ウヂュラン評価:★★




| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2018年5月21日 (月)

炭火焼肉カレー[ON THE CURRY!(オンザカレー)]

Onthecurry1


今年3月にオープンしてずっと気になっていた『ON THE CURRY!』(センタープラザB1)なんですけど、
いきなしランパスに掲載されていたので、
ランパス探検隊は早速、店内に潜入してみました!

BLACK CURRYに炭火焼肉を乗せ、あっつあつの鉄板で戴きました。Teppancurry

白米、ターメリック、十六穀米、野菜・肉などの選択も可能です。

カレー屋さんと言えば、ややもすると辛さにこだわったりとかするのに対して、
"アツアツの鉄板"というスタイルを生み出したのはなかなかすごい視点だと思いました。
この熱さはなかなかこれまでのカレー体験じゃ無かったと思うし、
実際、それでかなり美味さがUPしていました。

肝心のカレーも美味しくて、それにカレーらしからぬ角切りじゃない薄い焼き肉を乗せるってのもなかなか珍しいやり口で、
とにかく美味しかったです。Currybow

日本のカレーでは今までで一番美味しかったかも、とすら思いました。

何より、ちょっとカレーの概念が変わったかも。

店内もお洒落で、無駄がなく機能的、
女性にも男性にもオススメ出来る一店です。

ウヂュラン評価:★★★

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2018年5月20日 (日)

第48回神戸まつり

『第48回神戸まつり』へと出かける前に、
サンパル1Fにあります『cafe restaurant モッキングバード』さんへ。Mockingnambu

モーニングのパンケーキsetを注文してゆっくりとくつろいだ。Img_7506

腹ごしらえした後、センター街あたりをぶらついてみたけど、
とんでもない人混みで、歌を1曲聴くのがやっとだった。Kobe1


Smile2


Smilemixlittle

それで疲れたので、
再びOPA2に戻り、『カプリチョーザ ピッツァ&ビュッフェ 三宮オーパ2店』にて、
ホリデーランチセットを。Kaputyo

渡り蟹のトマトクリームソースのパスタをビュッヘスタイルで食しました。Img_7508


Img_7507

はじめはビュッヘの概念が判らず、メニューをみながら長時間悩んだけど、実際に食べ始めたらどうでもよくなった。

好物のマカロニがすぐに品切れになってしまったのは残念だった。

食後、コーヒーなどを飲みながら、
レシートをみると、「渡り蟹100」や「パスタ100」など謎の表記があり、
料金に疑問ととまどいを抱き、長時間悩んだけど、
実際に支払うとどうでもよくなった。Opa2


| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2018年5月19日 (土)

Refrain(ルフラン)三宮店

Sakenderu



阪急三宮駅の西口を降りたとこにある『Refrain(ルフラン)三宮店』さん(北長狭1)へ。

久しぶりにスイパス探検隊のパン特集部隊の出番す。

だいぶ前からお洒落な外観が気になっていたのですが、
値段が高そうなイメージと違って実際はどれもお安く意外でした。

しかも美味しかったので、大満足。Yanase

特に今回のオススメは、あんパンです。(画像の白くて丸い奴)
ふわふわのホイップクリームとあんこのバランスが絶妙で、
甘さを抑えてあり、とても気に入りました。Takashi

まんま駅の近くなので買い易いのも含めて今後も利用したい一店となりました。

ウヂュラン評価:★★★




| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2018年5月18日 (金)

イン・マイ・プレイス

Coldplay


コールドプレイ
のアルバム『静寂の世界』を聴く。

2002年当時めちゃくちゃ売れていて、その頃の自分には合ってないような、
U2めいたドメスティックでメランコリーな音だったけど、
歌詞も含めて、今の自分には感じるものがあった。

16年も捨てずに置いてて良かった気がします。

実は時代的ではないけれど、
長期的に聴ける良い作品だったってことを肌で感じました。

『サイエンティスト』とか『アムステルダム』とかめちゃ良い曲。




| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2018年5月17日 (木)

ピヒラヤの花咲く時

Izumitateno

舘野泉さんのアルバム『村の教会[シベリウスピアノ名曲集]』を聴く。

フィンランドの作曲家、シベリウスは『クレルヴォ交響曲』や『フィンランディア』などが有名ですが、
こういった北欧の自然をピアノでスケッチしたかのような小品も実にいい。

派手さはないけど、この時期、涼しくなれる一枚。




| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

«ヴィットリア夫人